公益信託 サントリー世界愛鳥基金
文字サイズ変更
検索
助成プロジェクト
TOP > 助成プロジェクト:2019年度助成プロジェクト
2019年度助成プロジェクト
「鳥類保護団体への活動助成」部門(14件、2,000万円)
団体名 対象活動 助成額
NPO法人
どうぶつたちの病院沖縄
減らせ!ヤンバルクイナロードキル~音や光による交通事故の低減を試みる~ 250万円
(公財)
日本自然保護協会
サシバの繁殖地・中継地・越冬地における生息環境を継続的に保全するための国際相互交流/td> 200万円
(公財)
山階鳥類研究所
琉球諸島のアジサシ類の保全 200万円
日本雁を保護する会 蘇ったシジュウカラガン、その未来のために 200万円
海鳥保全グループ ウミスズメ類の個体数推定のためのスポットライトサーベイのプロトコル作成と、補正係数の発見をめざして(継続) 200万円
NPO法人
シマフクロウ・エイド
シマフクロウの若鳥の生息環境保全に向けた、給餌の利用状況等の実態調査 150万円
NPO法人
田んぼ
市民活動によるガン類の広域分布調査2019~Flying Geeseを探せ!~ 150万円
新潟大学
野生動物研究会
食性情報を組み込んだ外洋性海鳥の利用海域推定手法の提案 ―洋上風力に対する海鳥センシティビティマップの整備を目指して― 150万円
認定NPO法人
ボルネオ保全
トラスト・ジャパン
ボルネオ島におけるオナガサイチョウの保護対策および啓発活動 120万円
クマタカ生態研究グループ クマタカ保護に有効な森林管理方法(とくに人工林)の確立 120万円
(一財)
環境文化創造研究所
大陸におけるコウノトリの繁殖地・越冬地・中継地の情報収集 110万円
水鳥研究会 捕食者の学習能力を利用してコアジサシ卵を保護する方法の実践 80万円
NPO法人
バードリサーチ
バードウォッチング記録データベースによるデータ共有とモニタリングの仕組み作り 50万円
静岡県渡り鳥研究会 静岡県におけるブッポウソウの繁殖が絶えた原因の究明および繁殖の復活を目指す 20万円
NPO法人どうぶつたちの病院沖縄
減らせ!ヤンバルクイナロードキル~音や光による交通事故の低減を試みる~
道路を横断するヤンバルクイナ
道路を横断するヤンバルクイナ

絶滅危惧種の飛べない鳥「ヤンバルクイナ」の生息状況を回復させるため、傷病個体の救護や飼育下繁殖技術の向上、ネコなどの外来種対策などを行ってきました。しかしながら、救護や死亡原因で最も多い交通事故は一向に減らず、これまでの対策を踏まえた新たな解決方法の開発が必要です。2019年度の助成活動では、交通事故の発生を未然に防ぐ技術開発にチャレンジします。

■活動地:沖縄県
■助成額:250万円

(公財)日本自然保護協会
サシバの繁殖地・中継地・越冬地における生息環境を継続的に保全するための国際相互交流
国際サシバサミット2019市貝ロゴマーク
国際サシバサミット2019市貝ロゴマーク

日本自然保護協会は、日本の豊かな自然を守るために絶滅危惧種の保全に取り組んでいます。絶滅が危惧される渡り鳥「サシバ」を、繁殖地、中継地、越冬地が連携しながら保全を進めるために、2019年5月、第1回国際サシバサミットを栃木県市貝町で開催します。フィリピン、台湾、沖縄県宮古島市からサシバ保全に関わる市民と行政が市貝町に集い、サシバ保全を進める連携体制をつくります。

■活動地:沖縄県、栃木県、フィリピン・ルソン島
■助成額:200万円

(公財)山階鳥類研究所
琉球諸島のアジサシ類の保全
人が近すぎて抱卵できずに困っているベニア 小学生への環境教育「シマフクロウ学習」ジサシの親(島に人が渡れない時期に産卵したものと思われる)
人が近すぎて抱卵できずに困っているベニア 小学生への環境教育「シマフクロウ学習」ジサシの親(島に人が渡れない時期に産卵したものと思われる)

山階鳥類研究所は、研究を通じて鳥類の保全に取り組んでいます。近年マリンレジャーの増加などによって、沖縄の島々ではベニアジサシやエリグロアジサシの繁殖数が減少傾向にあります。そこで、繁殖に及ぼす影響の有無やその原因を調べるとともに、エリグロアジサシに関してこれまでに判明したインドネシアなどの越冬地での生息状況の実態調査も行います。

■活動地:沖縄県、インドネシア
■助成額:200万円

日本雁を保護する会
蘇ったシジュウカラガン、その未来のために
ジャパン・バードフェスティバル(我孫子市)参加ブース
ジャパン・バードフェスティバル(我孫子市)参加ブース

日ロ米の人々の膨大な努力で、絶滅の縁から回復への道を歩み始めたシジュウカラガンの物語を伝え、関心を高める集いを全国各地で開催し、国外へも発信できるツールづくりも行います。また1980年以降40年近く継続してきた羽数回復の活動についての報告会を行い、その全貌を共有し、未来の活動に活かします。また、繁殖地の千島列島での生態解明のための現地予備調査にも着手します。

■活動地:全国、中部千島
■助成額:200万円

海鳥保全グループ
ウミスズメ類の個体数推定のためのスポットライトサーベイのプロトコル作成と、補正係数の発見をめざして(継続)
夜間スポットライトサーベイを実施する調査員
夜間スポットライトサーベイを実施する調査員

2018年は、本種のプロトコルの作成を目標に調査を行いました。その結果、宮崎県枇榔島(びろうじま)周辺域海域のカンムリウミスズメにおいて、繁殖期の夜間の繁殖地からの分布やそのカウント数において、新たな知見が得られました。2019年4月は、2018年同様、島からの距離、調査の時間帯、時期について、数パターンのデータの収集および蓄積を行う予定です。

■活動地:宮崎県門川町
■助成額:200万円

NPO法人シマフクロウ・エイド
シマフクロウの若鳥の生息環境保全に向けた、給餌の利用状況等の実態調査
小学生への環境教育「シマフクロウ学習」
小学生への環境教育「シマフクロウ学習」

私達は基盤となるシマフクロウの生態調査や給餌等に取り組み、その成果や課題を環境教育や広報等に還元しています。人々の意識を高め持続的な地域自然循環の構築により、北海道の自然・文化の象徴シマフクロウと人が共存できるよう活動している団体です。2019年は給餌の利用状況実態調査を継続するほか、巣箱内の生態調査や調査地周辺の音声収集も実施し、繁殖環境の情報を広く収集します。

■活動地:北海道
■助成額:150万円

NPO法人田んぼ
市民活動によるガン類の広域分布調査2019~Flying Geeseを探せ!~
ガン類の餌場は農業との関わりが大きい(稲の刈取り進捗に合わせるようにガン類の渡来数は増えていく)
ガン類の餌場は農業との関わりが大きい(稲の刈取り進捗に合わせるようにガン類の渡来数は増えていく)

ガン類の越冬する宮城県北部では、塒(ねぐら)からの飛び立ち個体数の継続的な調査が公的機関によって実施されています。宮城県蕪栗沼・周辺水田で営農する農家が発起人となり、日中の分布状況調査を実施してきました。宮城県の約1/7の面積をカバーする広域調査を市民パワーで毎年実施する中、ガン類の暮らしぶりが少しずつ見えてきました。本助成によって、詳細な分析と地域学習の機会を増やしていきます。

■活動地:宮城県北部
■助成額:150万円

新潟大学野生動物研究会
食性情報を組み込んだ外洋性海鳥の利用海域推定手法の提案 ─洋上風力に対する海鳥センシティビティマップの整備を目指して─
夜に海からコロニーに戻ってくるオオミズナギドリ
夜に海からコロニーに戻ってくるオオミズナギドリ

洋上風発の導入が推進されるなかで、海鳥との衝突リスクの高い海域を示したセンシティビティマップの整備が急務となっています。本活動では、日本近海に広く生息しているオオミズナギドリを対象に、餌となる魚種をDNA解析により明らかにすることで、餌情報を組み込んだ利用海域予測手法の提案をし、センシティビティマップ整備に資することを目指します。

■活動地:東京都利島、新潟県粟島
■助成額:150万円

認定NPO法人ボルネオ保全トラスト・ジャパン
ボルネオ島におけるオナガサイチョウの保護対策および啓発活動
絶滅が危ぶまれる巨鳥オナガサイチョウ
絶滅が危ぶまれる巨鳥オナガサイチョウ

動物と人がともに生きる社会をつくるため、ボルネオ島で生物多様性保全や自然環境保護の活動に取り組んでいます。ボルネオ島北東部のサバ州では、40年ほど前から乱開発されたパーム油生産のためのアブラヤシプランテーションのために、野生動物が生息する豊かな熱帯雨林は激減しました。多様な鳥類も暮らすボルネオの森といのちを未来につなぐため、私たちは活動を続けています。

■活動地:マレーシア(ボルネオ島キナバタンガン川流域)
■助成額:120万円

クマタカ生態研究グループ
クマタカ保護に有効な森林管理方法(とくに人工林)の確立
スギの木のクマタカの巣と雛
スギの木のクマタカの巣と雛

クマタカは、戦後の拡大造林政策によって植林されたスギに営巣する例が急速に増えており、その営巣条件や食性等を明らかにすることにより、保全に有効な森林管理方法を取りまとめ、健全で生物多様性に富む森林再生に役立てます。
① 人工林に営巣する繁殖ペアの特定
②人工林で繁殖するペアの食性の解明
③人工林で繁殖するペアと巣立ち雛のハンティング環境の解明
④クマタカ保護に有効な森林管理方法(人工林)の確立

■活動地:鈴鹿山脈
■助成額:120万円

(一財)環境文化創造研究所
大陸におけるコウノトリの繁殖地・越冬地・中継地の情報収集
中国洋県梁家村における田植えの農民と採餌するトキ
中国洋県梁家村における田植えの農民と採餌するトキ

本団体は、美しい街づくり運動の推進を目標に食品安全、有害生物制御、自然環境保全等の分野において調査研究、コンサル、出版等の業務を行っています。トキやコウノトリ等の危惧種保全について独自の調査研究活動を行い、2019年度に大陸のコウノトリの繁殖地、中継地、越冬地の情報を収集するため、現地の研究者の協力を得ながら調査を実施する計画です。

■活動地:中国東北、華北、東南地区
■助成額:110万円

水鳥研究会
捕食者の学習能力を利用してコアジサシ卵を保護する方法の実践
森ヶ崎のコアジサシ
森ヶ崎のコアジサシ

コアジサシ卵の最大の捕食者であるカラスは、綺麗好きで体が汚れることを嫌います。そこで、中身を白いペンキに置き換えたコアジサシ卵に似たウズラ卵をカラスに食べさせ、嘴(くちばし)を白く汚して嫌な思いをさせます。このことをカラスに繰り返し学習させることで、卵に対する忌避効果の定着を図ります。室内実験では実証済みであり、屋外での成功を目指してコアジサシの保護を図ります。

■活動地:東京都、千葉県、沖縄県
■助成額:80万円

NPO法人バードリサーチ
バードウォッチング記録データベースによるデータ共有とモニタリングの仕組み作り
フィールドノート記録地点・内容
フィールドノート記録地点・内容

バードリサーチは市民参加型調査によって、全国の鳥類の生息状況を調べています。バードウォッチングの記録は、野鳥の分布や増減を知るためにも貴重な資料になりますが、データの集約が難しいために利用されていませんでした。この問題を解決するために野鳥データベース「フィールドノート」を提供し、バードウォッチング記録を集約・分析して地域の自然保護のために活用できるようします。

■活動地:全国
■助成額:50万円

静岡県渡り鳥研究会
静岡県におけるブッポウソウの繁殖が絶えた原因の究明および繁殖の復活を目指す
ブッポウソウの巣箱かけ
ブッポウソウの巣箱かけ

県内のブッポウソウの繁殖は橋梁に限られましたが、2015年を最後に絶えてしまいました。過去に20個ほど巣箱を掛けてすべて失敗。そこで、橋梁営巣放棄の原因究明と新方式による繁殖復活を目指します。天竜川のコアジサシ保護と生態調査の継続は27年目。水辺の生物の生存を下支えするハゼ科稚魚の大量遡上の河川ごとの実態調査と、乱獲防止の啓発を実施します。

■活動地:静岡県
■助成額:20万円

「地域愛鳥活動助成」部門(17件、230万円)
申請グループ名 所在地 「テーマ」又は「活動概要」及び「活動目的」 助成額
仙台市立上野山小学校 宮城県 鳥類観察活動~学校林「楽元の森」の愛鳥たち~ 15万円
南魚沼市立第二上田小学校
エコクラブ
新潟県 上田地域の自然環境学習 15万円
石川県立津幡高等学校
朱鷺サポート隊
石川県 トキ保護の普及・啓発活動~トキと人とが共に暮らせる「朱鷺の里」の再生を目指して~ 15万円
こどもの森
みどりの少年少女隊
山梨県 こどもの森に棲む鳥類について知る 15万円
福生市立福生第五小学校
愛鳥委員会
東京都 自然を大切にする愛情豊かな児童を育てる愛鳥活動 15万円
浜松市立伊目小学校
自然保護委員会
静岡県 浜名湖(伊目地区)に飛来するカモの調査 15万円
岡崎市立生平小学校
愛鳥委員会
愛知県 守ろう!野鳥のすむ町 生平 15万円
めんがめ倶楽部 広島県 ブッポウソウ保護活動ボランティアの育成 15万円
雲南市立西小学校
「げんきくんとひなたち応援プロジェクトチーム」
島根県 コウノトリも住むことのできる環境づくり・まちづくり~コウノトリを核とした環境教育及び地域づくりとの連動~ 15万円
日本野鳥の会
佐賀県支部
佐賀県 自然保護活動への意識・態度育成 15万円
芦北町立大野小学校
みどりの少年団
熊本県 大野小、忍者の森に生息する野鳥の観察 15万円
鳥塾 沖縄県 沖縄本島全域を対象とした"体験的知識"の共有を目指した野鳥観察会の開催 15万円
石巻市立東浜小学校 宮城県 地域愛鳥学習 10万円
武蔵野市立井之頭小学校 東京都 野鳥観察:探鳥会「井之頭バードウォッチングクラブ(IBC)」 10万円
兵庫県立尼崎小田高等学校
鳥類研究班
兵庫県 武庫川・甲子園浜・阪神間市街地における鳥類分布調査およびDNA解析 10万円
スポーツクラブ
21氷上東
兵庫県 地域に住む野鳥を観察しよう~みつけた鳥を地域の人に紹介しよう~ 10万円
NPO法人
ふくおか湿地保全研究会
福岡県 絶滅危惧鳥類コアジサシ・シロチドリ・ヘラシギなどが利用する砂浜保全のための調査、啓発活動、啓発用冊子作製 10万円
仙台市立上野山小学校
鳥類観察活動~学校林「楽元の森」の愛鳥たち~
鳥の集まる木を目指して~第1歩目~
鳥の集まる木を目指して~第1歩目~

観察や環境整備を通して、地域に生育する鳥に興味を持ち、地域への愛着心を育てることを目的として活動しています。2019年は、学習林「楽元の森」を整備し、餌台や観察スペースを設置します。また、双眼鏡を常備して、理科や生活科などの授業における活用や自然体験の充実を図ります。1年を通して活動し、季節の変化による違いを捉えていきます。

■活動地:宮城県
■助成額:15万円

南魚沼市立第二上田小学校 エコクラブ
上田地域の自然環境学習
親子ふれあい探鳥会
親子ふれあい探鳥会

昭和39年に新潟県愛鳥モデル校の指定を受け、55年間活動が続いています。巻機山を地域に有する豊かな自然を生かし、親子ふれあい探鳥会などの野鳥とかかわる活動をきっかけとして、学校林や地域のビオトープなどで、野生生物の観察を行っています。2019年度も、探鳥会、愛鳥検定、エコクラブ新聞コンクールでの活動紹介などを行う予定です。

■活動地:新潟県
■助成額:15万円

石川県立津幡高等学校 朱鷺サポート隊
トキ保護の普及・啓発活動~トキと人とが共に暮らせる「朱鷺の里」の再生を目指して~
保育園へトキの絵本「ねえトキってしってる?」の配付と読み聞かせ
保育園へトキの絵本「ねえトキってしってる?」の配付と読み聞かせ

結成以来10年間、いしかわ動物園をはじめ、石川県内の教育・保育施設などで、トキ保護の普及・啓発活動に取り組んできました。2019年度は、これまでの活動の継続に加えて、新たに奥能登(珠洲市)で、放鳥トキの定着に向けての調査活動と里山保全活動に取り組みます。あわせて、現地の学校や団体と提携して活動の強化・発展を目指します。

■活動地:石川県
■助成額:15万円

こどもの森みどりの少年少女隊
こどもの森に棲む鳥類について知る
森の手入れ~オオムラサキの木を鹿の食害から守る
森の手入れ~オオムラサキの木を鹿の食害から守る

こどもの森学校林は、住宅地に隣接しながらもオオムラサキやフクロウ等、魅力的な自然環境が維持された里山林です。子供達と「こどもの森」に生息している野鳥の観察を行い、森が野鳥たちの重要な生息場所であることを実感してもらうことを通じて、地域の生物多様性を保全していくことが、地球環境保全に貢献することを理解してもらいたいと考えています。

■活動地:山梨県
■助成額:15万円

福生市立福生第五小学校 愛鳥委員会
自然を大切にする愛情豊かな児童を育てる愛鳥活動
春の多摩川の土手で野鳥を見る2年生児童
春の多摩川の土手で野鳥を見る2年生児童

昭和47年に東京都より愛鳥モデル校の指定を受け、NPO法人自然環境アカデミーの支援を受けながら年間を通して活動しています。2019年は年2回(春・冬)の野鳥観察会と河原の清掃活動、多摩川の環境理解を深めるための自然観察会(秋)を予定しています。また、学期に1度の愛鳥博士認定テスト実施や、高学年児童による巣箱作成、営巣状況の調査等を行います。

■活動地:東京都
■助成額:15万円

浜松市立伊目小学校 自然保護委員会
浜名湖(伊目地区)に飛来するカモの調査
自然保護委員会による野鳥観察活動
自然保護委員会による野鳥観察活動

伊目小学校は、浜名湖畔に建つ学校で、教室の窓からは浜名湖の美しい景色が見えます。自然保護委員会は、20年以上前からカモの観察を続け、観察日記を書いています。合わせて年3回(5、6、10月)全校児童が学校前の湖岸清掃を行い、カモが毎年渡ってこられるように、浜名湖の環境保全に努めています。2019年度もこの活動を継続していきます。

■活動地:静岡県
■助成額:15万円

岡崎市立生平小学校 愛鳥委員会
守ろう!野鳥のすむ町生平
オシドリ保護のためのドングリまき
オシドリ保護のためのドングリまき

愛鳥委員会の主な活動は、定期的に行う探鳥会の企画・運営や、本校での取り組みを紹介する愛鳥新聞の作成、愛鳥活動に対する全校児童の意欲喚起などです。37年間に渡って続き、本校の愛鳥活動を推進するリーダーとして活躍しています。今回の助成金は、校内での観察に必要なビオトープの改修費用に充て、さらに愛鳥活動を盛り上げていきます。

■活動地:愛知県
■助成額:15万円

めんがめ倶楽部
ブッポウソウ保護活動ボランティアの育成
ブッポウソウ
ブッポウソウ

めんがめ倶楽部は、広島県三次市作木町で、2006年からブッポウソウの営巣用巣箱の作成、架設、営巣調査等を行ってきました。保護活動にともない、今では全国有数の営巣地になっています。保護活動を継続していくためには、協力者を増やしていく必要があります。そのため、ブッポウソウの生態、地域の自然環境等について学ぶ講座を開催します。

■活動地:広島県
■助成額:15万円

雲南市立西小学校「げんきくんとひなたち応援プロジェクトチーム」
コウノトリも住むことのできる環境づくり・まちづくり~コウノトリを核とした環境教育及び地域づくりとの連動~
生活科でコウノトリになって巣づくり体験
生活科でコウノトリになって巣づくり体験

校区内にコウノトリが営巣したことを機に、全校体制でコウノトリを核とした環境学習・まちづくり学習を進めています。営巣用の枝を集める「一人一枝運動」、コウノトリや環境についての学習、地域の生き物調査、コウノトリの餌場となる田んぼづくり、地域への環境保全の情報発信、コウノトリの目撃情報をマッピングする「見守りボード」などに取り組む予定です。

■活動地:島根県
■助成額:15万円

日本野鳥の会佐賀県支部
自然保護活動への意識・態度育成
ツルについてグループ毎に調べたことを発表
ツルについてグループ毎に調べたことを発表

当支部は、野鳥観察を通して、野鳥と人が共生出来る環境づくりを目指しています。小中学校の子どもたちを対象にした愛鳥教育に、23年間取り組んできました。2019年は、佐賀県唐津市の「加唐小中学校」及び伊万里市の「東山代小学校」の児童生徒を対象に、環境教育を実施していきます。本助成金は、愛鳥教育の機材購入に使う予定です。

■活動地:佐賀県
■助成額:15万円

芦北町立大野小学校 みどりの少年団
大野小、忍者の森に生息する野鳥の観察
「さあ、やるぞ。」野鳥が集う、忍者の森づくり
「さあ、やるぞ。」野鳥が集う、忍者の森づくり

本校には、ムササビが住む「忍者の森」と呼ばれる学校林があります。たくさんの野鳥が見られるものの、これまであまり整備されておらず、野鳥の観察ができていませんでした。2018年に森の下草を払い、野鳥観察会を開いたことで、たくさんの野鳥に出会い、多くの学びがありました。今後もこの森を守り、巣箱を掛け、定期的に観察を続けて、地域に発信していく予定です。

■活動地:熊本県
■助成額:15万円

鳥塾
沖縄本島全域を対象とした"体験的知識"の共有を目指した野鳥観察会の開催
鳥を見ながら相談中発見はおしゃべりの中にも
鳥を見ながら相談中発見はおしゃべりの中にも

私たちが沖縄島のあちこちで鳥を見ていると、「昔はここにも鳥がいっぱいいたさぁ」というお話をよく聞きます。本当に鳥は少なくなってしまったのだろうか?昔と比べて鳥が少なくなってしまったのはなぜだろうか?そんな疑問を、沖縄本島各地のベテランバードウォッチャーたちと一緒に、鳥を観察しながらみんなで考えていきます。

■活動地:沖縄県
■助成額:15万円

石巻市立東浜小学校
地域愛鳥学習
野鳥の観察
野鳥の観察

本校は、海と山に囲まれた自然豊かな恵まれた地域にあり、校舎の軒下には毎年多くのツバメが巣作りをしています。子供たちはツバメの巣作りや子育て、巣立ちの様子を観察することが大好きです。2018年度は、餌木の植樹や巣箱作りなどから、地域の生き物を大切にする活動を行いました。2019年度は、日常的な観察を重視し、野鳥がより身近な存在になれるよう教育活動を展開します。

■活動地:宮城県
■助成額:10万円

武蔵野市立井之頭小学校
野鳥観察:探鳥会「井之頭バードウォッチングクラブ(IBC)」
井の頭恩賜公園における野鳥観察
井の頭恩賜公園における野鳥観察

本校は昭和51年に東京都の愛鳥モデル校の指定を受け、野鳥保護、環境保全の教育を進めています。その中心となる活動が探鳥会(IBC)であり、毎月1回近隣の公園でボランティア講師と共に野鳥観察を行っています。児童が鳥について専門的な知識を得るだけでなく、自然とふれあいながら家族や友人、教員とのコミュニケーションを深める場としての役割も果たしています。

■活動地:東京都
■助成額:10万円

兵庫県立尼崎小田高等学校 鳥類研究班
武庫川・甲子園浜・阪神間市街地における鳥類分布調査およびDNA解析
カワウ羽毛からのDNA抽出
カワウ羽毛からのDNA抽出

本校鳥類研究班は、2014年より武庫川・甲子園浜・阪神間市街地の野鳥観察・記録を行っています。また、2016年より同地域で実施される鳥類標識調査に参加し、カワウ・ユリカモメ・カモ類などの羽毛を県の許可を得て採集し、県下の高校生と協力して遺伝子解析による性判別を行ってきました。2019年も県下の高校生と協力して、さらに愛鳥活動を推進します。

■活動地:兵庫県
■助成額:10万円

スポーツクラブ21氷上東
地域に住む野鳥を観察しよう~みつけた鳥を地域の人に紹介しよう~
鐘ケ坂・鬼の架橋登山
鐘ケ坂・鬼の架橋登山

スポーツクラブ21氷上東は、総合型地域スポーツクラブとして活動し、今年で19年目です。地域には様々な野鳥が生息していますが、子どもたちにはあまり知られていません。そこで、地域の野鳥の会の方々と連携し、季節ごとにそこに住む鳥を観察することにしました。観察した鳥のことをまとめて、地域の方々に紹介しようと考えています。

■活動地:兵庫県
■助成額:10万円

NPO法人ふくおか湿地保全研究会
絶滅危惧鳥類コアジサシ・シロチドリ・ヘラシギなどが利用する砂浜保全のための調査、啓発活動、啓発用冊子作製
コアジサシの親子
コアジサシの親子

豊かな自然を次世代に継承することを目的として、野生生物の保全活動を行ってきました。砂浜に繁殖にやってくるコアジサシの調査・啓発活動を通じて、生物多様性の視点から見た砂浜の重要性がわかってきました。2019年度は、砂浜に生息する生物の基礎的な調査、ゴミ調査、啓発用冊子の作成を行い、保全につなげたいと思います。

■活動地:福岡県
■助成額:10万円

「水辺の大型鳥類保護」部門(3件、1,750万円)
団体名 所在地 活動テーマ 助成額
トキの水辺づくり協議会 新潟県 トキと人の共生を目指した水辺づくり~天王川流域を中心とした自然再生の取組~ 650万円
コウノトリと共生する地域づくり推進協議会 千葉県 コウノトリと共生する地域づくり 600万円
NPO法人
野鳥やまぐち
山口県 傷病クロツラヘラサギのリハビリ施設の設置と繁殖地の創出 500万円
トキの水辺づくり協議会
トキと人の共生を目指した水辺づくり
~天王川流域を中心とした自然再生の取組~
学生ボランティアによる水辺の整備
学生ボランティアによる水辺の整備

当協議会は、野生下のトキが多く生息する天王川流域を中心とした地域において、ビオトープの整備、学生ボランティアの受け入れ環境の改善など、トキの野生復帰を下支えする取組を行っています。この取組が自然再生を通じた地域活性化のモデルケースとなり、将来、トキが全国各地で見られるようになった時、参考とされることを目指して活動しています。

■活動地:新潟県
■助成額:650万円

コウノトリと共生する地域づくり推進協議会
コウノトリと共生する地域づくり
初めて帰還したヤマトと平成30年に放鳥した幼鳥
初めて帰還したヤマトと平成30年に放鳥した幼鳥

江川地区での継続した自然再生に加え、野田市では、玄米黒酢の散布やふゆみず田んぼによる環境に配慮した農業に取り組み、これらの効果により、市内のいたるところでホタルやドジョウなど多くの生物が戻ってきました。当協議会は、生物多様性のシンボルとしたコウノトリの野生復帰を通じ、生き物がたくさん棲める環境づくりに取り組んでいきます。

■活動地:千葉県
■助成額:600万円

NPO法人野鳥やまぐち
傷病クロツラヘラサギのリハビリ施設の設置と繁殖地の創出
完成したクロツラヘラサギ保護・リハビリケージ
完成したクロツラヘラサギ保護・リハビリケージ

日本クロツラヘラサギ保護・リハビリセンターとして施設が完成し、運用開始したことを受け、11月にはクロツラヘラサギ国際シンポジウムを開催します。傷病クロツラヘラサギの早い段階での積極的な保護体制の確立とネットワークの構築を行い、山口湾の環境保全の一環としての調査や清掃活動、イベントでの啓発プログラムの実施、繁殖候補地の環境整備等を行います。

■活動地:山口県
■助成額:500万円