公益信託 サントリー世界愛鳥基金
文字サイズ変更
検索
助成プロジェクト
TOP > 助成プロジェクト:2018年度助成プロジェクト
2018年度助成プロジェクト
「鳥類保護団体への活動助成」部門(10件、1,700万円)
団体名 対象活動 助成額
NPO法人
バードリサーチ
全国鳥類繁殖分布調査で日本の鳥の今を明らかにする 300万円
コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル コウノトリの域外及び域内の個体群の保全に関する活動について 200万円
(公財)
しまね自然と環境財団
稀少種亜種アカショウビンおよびクロツグミの越冬地解明調査 200万円
海鳥保全グループ ウミスズメ類の個体数推定のためのスポットライトサーベイのプロトコル作成と、補正係数の発見をめざして 200万円
(公財)
山階鳥類研究所
琉球諸島のアジサシ類の保全 200万円
(公財)
日本自然保護協会
サシバの繁殖地・中継地・越冬地における継続的な生息環境保全のための国際相互交流 200万円
NPO法人
ボルネオ保全トラスト・ジャパン
ボルネオ島におけるオナガサイチョウの保護対策および啓発活動 120万円
NPO法人
シマフクロウ・エイド
シマフクロウの生育環境整備に向けた、給餌の利用状況実態調査 100万円
NPO法人
オオタカ保護基金
山地に生息するサシバの生態解明と保護のための基礎資料収集 100万円
水鳥研究会 アジサシ類の放棄卵の人工孵化から放鳥までのシステムの開発 80万円
NPO法人 バードリサーチ
全国鳥類繁殖分布調査で日本の鳥の今を明らかにする
全国鳥類繁殖分布調査のマーク
全国鳥類繁殖分布調査のマーク

バードリサーチは鳥に興味のある人たちと一緒に鳥の調査をし、その結果をもとに鳥と人とが共存できるよう活動している団体です。この「全国鳥類繁殖分布調査」では、ほかの多くの団体や協力者とともに、「鳥の国勢調査」ともいえる全国調査を行い、日本の鳥の現状とその変化を明らかにします。多くの人の参加なくしてはできない調査です。ご興味のある方は、ぜひご参加ください。

■活動地:全国
■助成額:300万円

コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル
コウノトリの域外及び域内の個体群の保全に関する活動について
コウノトリの飛翔
コウノトリの飛翔

2005年に野生復帰を果たしたコウノトリ。2013年に設立された当団体は、野外と飼育施設が連携した保全活動を進めています。野外で生まれた鳥を確実に追跡するための足環装着、遺伝的多様性に配慮した繁殖計画の策定と実施、コウノトリに関する普及啓発活動に取り組んでいます。2018年度も足環の装着や繁殖計画の着実な実行、そして、野外個体の足環検索ができるホームページの運用を開始します。

■活動地:全国
■助成額:200万円

(公財)しまね自然と環境財団
稀少種亜種アカショウビンおよびクロツグミの越冬地解明調査
アカショウビンへの小型GPSロガー装着および計測作業
アカショウビンへの小型GPSロガー装着および計測作業

森林の中で美しいさえずりを響かせる夏鳥のアカショウビンやクロツグミですが、詳細な越冬地や渡りルートは知られていません。これらの解明をめざして、ジオロケータの装着を行ってきましたが、森林性鳥類のためデータの解析は難航しました。そこで、2016年度から当基金の支援を受けて小型GPSロガーを装着して放鳥してきました。2018年度も装着と回収を行ってデータの精度を高めます。

■活動地:島根県
■助成額:200万円

海鳥保全グループ
ウミスズメ類の個体数推定のためのスポットライトサーベイのプロトコル作成と、補正係数の発見をめざして
スポットライトサーベイ
スポットライトサーベイ

2011年~12年のスポットライトサーベイの取り組みの結果、本手法が世界的にも稀少なカンムリウミスズメの個体数調査にも応用できることが判ったものの、本種にあわせ、プロトコル(手順)を見直す必要性が示されました。そこで、2018年4月(抱卵中期)に、その基礎データとなる調査ルート(トランセクト)の島からの距離、調査の時間帯・時期について数パターンのデータを収集し、比較を行う予定です。

■活動地:宮崎県
■助成額:200万円

(公財)山階鳥類研究所
琉球諸島のアジサシ類の保全
ジオロケーター付きベニアジサシ
ジオロケーター付きベニアジサシ

山階鳥類研究所は、研究を通じて鳥類の保全に取り組んでいます。近年マリンレジャーの増加などによって、沖縄の島々ではベニアジサシやエリグロアジサシの繁殖数が減少傾向にあります。そこで、繁殖に及ぼす影響の有無やその原因を調べるとともに、2017年に装着したジオロケーターの回収・解析による越冬地の解明と、新たなGPSロガー装着によって繁殖中の採餌海域の特定を目指します。

■活動地:沖縄県
■助成額:200万円

(公財)日本自然保護協会
サシバの繁殖地・中継地・越冬地における継続的な生息環境保全のための国際相互交流
宮古島市で渡りのモニタリング調査を行う地元高校生
宮古島市で渡りのモニタリング調査を行う地元高校生

日本自然保護協会は、日本の豊かな自然を守るために絶滅危惧種保全に取り組んでいます。絶滅が危惧される渡り鳥「サシバ」の保全を進めるためには、繁殖地、中継地、越冬地それぞれで保全を進めることが必要です。2018年は、栃木県市貝町、沖縄県宮古島市、フィリピン・ルソン島で活動する方々と自治体、学生等が、相互に交流する機会を設定し、継続的にサシバ保全を進める国際連携体制をつくります。

■活動地:沖縄県、栃木県、フィリピンルソン島
■助成額:200万円

NPO法人 ボルネオ保全トラスト・ジャパン
ボルネオ島におけるオナガサイチョウの保護対策および啓発活動
ボルネオを代表する鳥 ツノサイチョウ
ボルネオを代表する鳥 ツノサイチョウ

動物と人がともに生きていくことのできる社会をつくるため、ボルネオ島で生物多様性保全や自然環境保護の活動に取り組んでいます。ボルネオ島北東部のサバ州では、40年ほど前から急激に拡大されたパーム油生産のためのアブラヤシ農園の乱開発により、野生動物が生息する豊かな熱帯雨林は激減しました。多様な鳥類も暮らすボルネオの森といのちを未来につなぐため、私たちは活動を続けています。

■活動地:ボルネオ島
■助成額:120万円

NPO法人 シマフクロウ・エイド
シマフクロウの生育環境整備に向けた、給餌の利用状況実態調査
生息調査中飛翔するシマフクロウ
生息調査中飛翔するシマフクロウ

シマフクロウは34年前から国の保護事業で給餌がされ、絶滅寸前の70羽から倍に漸増したものの生息環境保全等の課題があり、未だ危機的状況です。私達は今まで明らかにされていない給餌採食量などの実態調査を2016年から通年実施し、番(つがい)のみの利用状況や体重変化で依存度が分かってきました。2018年度も観察を継続し、繁殖成功の折は親子のデータも蓄積し、本種の課題解決に役立てていく予定です。

■活動地:北海道
■助成額:100万円

NPO法人 オオタカ保護基金
山地に生息するサシバの生態解明と保護のための基礎資料収集
サシバ餌運び(ヘビ)
サシバ餌運び(ヘビ)

サシバは水田のない山地でも生息が確認されていることから、2016年度より石川県の山地において繁殖状況、餌動物についての調査を始めました。その結果、繁殖成功率は他地域と比べて高く、巣に運ばれる餌動物は両性爬虫類やムカデ類が多い一方、栃木県の丘陵地などで多く運搬される昆虫類は少ないことが分かりました。山地サシバの特徴を把握し保護の考え方を整理するため、2018年度も繁殖生態調査を実施します。

■活動地:石川県・栃木県
■助成額:100万円

水鳥研究会
アジサシ類の放棄卵の人工孵化から放鳥までのシステムの開発
造成地を塒(ねぐら)にするコアジサシ
造成地を塒(ねぐら)にするコアジサシ

水鳥研究会では地上営巣性の水鳥の保護を目的とした、保全生態学的な調査・研究、及び具体的な保護活動を行っています。本活動では、水はけの悪い造成地等で営巣するアジサシ類の卵が、大雨により長時間水に浸る等さまざまな要因で放棄された場合、緊急措置として回収し、人工的に孵化・育雛・放鳥することで、希少種の個体数回復を目指しています。

■活動地:東京湾及び九十九里浜から鹿島灘を中心に、全国
■助成額:80万円

「地域愛鳥活動助成」部門(10件、190万円)
申請グループ名 所在地 「テーマ」又は「活動概要」及び「活動目的」 助成額
学生バードソン2018実行委員会 全国 バードウォッチングと募金活動 20万円
フクロウ営巣ネットワークプロジェクト 栃木県を中心に、兵庫県・山梨県 フクロウの巣箱をかけて繁殖の手助けをし、森林の整備・保全を促進する 20万円
群馬県立中之条高等学校
「環境工学研究部」
群馬県 生態系を守る「フクロウ」を守るため、農業用水路を管理し、エサ場となる水田を守る 20万円
新治野鳥観察隊
(茂原市立新治小学校)
千葉県 地域の野鳥観察とツバメの営巣調査及び報告会を通しての自然環境保全について 20万円
日本野鳥の会 遠江 静岡県 静岡県西部地区に於ける小学校などの野鳥観察普及活動 20万円
三島県立四日市西高等学校「自然研究会」 三重県 鈴鹿山脈におけるフクロウ保護プロジェクト 20万円
サシバプロジェクト
in 大阪
大阪府 大阪府下におけるサシバの生息状況調査 20万円
野鳥観察グループ
「チームK」
兵庫県 兵庫県伊丹市昆陽池公園における野鳥継続観察と市民への自然の素晴らしさの訴求 20万円
出水市立鶴荘学園
「ツルクラブ」
鹿児島県 ツルの羽数調査・家族構成分散調査 20万円
土佐塾中学・高等学校
「生物同好会」
高知県 土佐塾中高周辺に生息する野鳥の観察 10万円
学生バードソン2018実行委員会
バードウォッチングと募金活動
競技は3人1組で行う
競技は3人1組で行う

学生バードソンは、競技日当日に確認できた「野鳥の種数」と指定期間内に集めた「募金額」を競う自然保護チャリティイベントです(「バードソン」とは、バードウォッチングとマラソンを足した造語です)。集められた募金は「NPO法人リトルターン・プロジェクト」へ寄付され、絶滅危惧Ⅱ類に指定されている、コアジサシ(英名:Little Tern)の生息地及び営巣地の整備、営巣状況の調査などにあてられます。

■活動地:全国
■助成額:20万円

フクロウ営巣ネットワークプロジェクト
フクロウの巣箱をかけて繁殖の手助けをし、森林の整備・保全を促進する
フクロウ巣箱掛け(東大寺裏山にて)
フクロウ巣箱掛け(東大寺裏山にて)

当団体は平成17年の発足以来、食物連鎖の頂点に立つフクロウが、倒木等による営巣木の減少で繁殖率が低下していることに着目し、巣箱を掛けて繁殖を手伝う活動をしています。東大寺(奈良市)はじめ15道府県で活動し、608羽の巣立ちを確認しています。2018年度は主に、損傷した巣箱の掛け替えを行う予定です。

■活動地:栃木県を中心に、兵庫県・山梨県
■助成額:20万円

群馬県立中之条高等学校 「環境工学研究部」
生態系を守る「フクロウ」を守るため、農業用水路を管理し、エサ場となる水田を守る
水路図作製のための測量(GPSで観測)
水路図作製のための測量(GPSで観測)

本校の農場が存在する美野原地区は、アンブレラ種であるフクロウが確認でき、周辺の生態系は保たれていると考えられます。しかし、フクロウのエサ場であり、生態系を保つために必要な水田地帯において、農業用水路の老朽化により水漏れが懸念されています。フクロウの生態系調査を継続し、水田を守るため「水路管理データ」を測量で作製します。

■活動地:群馬県
■助成額:20万円

新治野鳥観察隊(茂原市立新治小学校)
地域の野鳥観察とツバメの営巣調査及び報告会を通しての自然環境保全について
全校児童による野鳥観察
全校児童による野鳥観察

1995年に千葉県環境学習モデル校の指定を受け、地域に住む野鳥の観察・生態調査を始めました。2001年からは新治地区に飛来してくるツバメに焦点を当て、1軒1軒訪ねて巣作りや子育ての様子を観察し報告会を実施したり、通学路のゴミ拾い等を行ったりしながら鳥類保護の必要性を広めてきました。2018年は2回の全校野鳥観察とツバメ調査報告等を行う予定です。

■活動地:千葉県
■助成額:20万円

日本野鳥の会 遠江
静岡県西部地区に於ける小学校などの野鳥観察普及活動
小学校クラブ活動野鳥観察会
小学校クラブ活動野鳥観察会

静岡県西部地方で探鳥会の開催や野鳥の調査・保護活動、環境教育の支援等を行っている(公財)日本野鳥の会の連携団体(支部)です。2018年度は「遠江の鳥・バードウォッチングガイドⅡ・静岡県西部の野鳥」発行を機会に、野鳥観察の魅力や方法を広く若年層にも知ってもらうため、小学校や地域団体へ働きかけ、ガイドブックの普及と観察会の開催を行います。

■活動地:静岡県
■助成額:20万円

三島県立四日市西高等学校「自然研究会」
鈴鹿山脈におけるフクロウ保護プロジェクト
四日市市で繁殖したフクロウ
四日市市で繁殖したフクロウ

三重県四日市市で始めたフクロウ保護プロジェクトは、保護・研究・教育の3つの柱で実践しています。鈴鹿山脈山麓を中心に巣箱を掛ける地域を拡大中で、地域ごとの繁殖時の給餌特性解明を目指すとともに、フクロウとその周辺環境を守る啓発活動を行っています。2018年度は、天敵動物の対策強化や巣箱内撮影カメラによる生態調査を実施します。

■活動地:三重県
■助成額:20万円

サシバプロジェクト in 大阪
大阪府下におけるサシバの生息状況調査
サシバ
サシバ

大阪府でも絶滅危惧Ⅰ類に指定されたサシバの生息実態を明らかにするために、猛禽類に関心のある有志の調査団を結成し、2016年予備調査や2017年大阪府南部の調査からサシバ個体数の減少傾向が見えてきました。2018年は大阪北部調査や既存調査の解析、自然史フェスティバルなどへの出展、講演などの活動を予定しています。

■活動地:大阪府
■助成額:20万円

野鳥観察グループ「チームK」
兵庫県伊丹市昆陽池公園における野鳥継続観察と市民への自然の素晴らしさの訴求
タカ渡り9days
タカ渡り9days

野鳥観察グループ「チームK」は、兵庫県伊丹市昆陽池公園内で活動しているグループです。昆陽池公園は1年を通じて様々な鳥を見ることができます。日々の情報を「野鳥情報ボード」に掲載したり、観察会の実施をしています。市民のみなさんが野鳥たちの可愛らしい姿や、かれらが繰り広げるドラマチックなシーンに出会えるきっかけになればと思い活動しています。

■活動地:兵庫県
■助成額:20万円

ツルの羽数調査・家族構成分散調査
出水市立鶴荘学園「ツルクラブ」
中学生全員による羽数調査
中学生全員による羽数調査

ツルクラブ活動は本校の前身である荘中学校の時代から58年間続いており、中学生全員が参加しています。11月〜1月に出水平野へ渡来するツルの羽数調査や、ツルが昼間にどのようなところで過ごしているかを調べる家族構成分散調査を中心に活動しています。また、分散候補地との交流など、各方面にむけ積極的に情報を発信していきます。

■活動地:鹿児島県
■助成額:20万円

土佐塾中学・高等学校「生物同好会」
土佐塾中高周辺に生息する野鳥の観察
作成した巣箱の取り付け
作成した巣箱の取り付け

本校は標高約200mの小高い丘の上にあり、周囲にはアラカシを優占種とする照葉樹林が見られ、多くの動植物が生息していると考えられます。そこで2014年度より、四国自然史科学研究センターの指導を受けながら、学校周辺に50個の巣箱と定点カメラを設置して野鳥の活動を観察しています。

■活動地:高知県
■助成額:10万円

「水辺の大型鳥類保護」部門(3件、2,000万円)
団体名 所在地 活動テーマ 助成額
コウノトリと共生する地域づくり推進協議会 千葉県 コウノトリと共生する地域づくり 800万円
NPO法人
野鳥やまぐち
山口県 傷病クロツラヘラサギのリハビリ施設の設置と繁殖地の創出 740万円
トキの水辺づくり協議会 新潟県 トキと人の共生を目指した水辺づくり~天王川流域を中心とした自然再生の取組~ 460万円
コウノトリと共生する地域づくり推進協議会
コウノトリと共生する地域づくり
コウノトリボランティア親子学習会の様子
コウノトリボランティア親子学習会の様子

生物多様性のシンボルとしたコウノトリの野生復帰を通じて、生き物がたくさん棲めるような環境づくりを目指し、コウノトリと共生する地域づくりに取り組んでいます。コウノトリの行動モニタリングや採餌環境となる湿地の保全・再生、市民団体等と連携し、自然再生の取組みをはじめ、コウノトリも棲める豊かな地域づくりを目指していきます。

■活動地:千葉県
■助成額:800万円

NPO法人 野鳥やまぐち
傷病クロツラヘラサギのリハビリ施設の設置と繁殖地の創出
園内干潟に飛来するクロツラヘラサギ(17.11.28)
園内干潟に飛来するクロツラヘラサギ(17.11.28)

当団体は2006年度より山口県立きらら浜自然観察公園の管理運営を受託し、野鳥を中心とする多様な生態系の保全と、自然環境学習の拠点として「自然と人との共生」をめざし活動をしています。クロツラヘラサギもその対象で、園内干潟8haの一角に、日本で怪我をして保護されるクロツラヘラサギの保護センターを設置し、自然に近い環境で野生復帰に向けたリハビリを行い、繁殖地の創出を目指します。

■活動地:山口県
■助成額:740万円

トキの水辺づくり協議会
トキと人の共生を目指した水辺づくり~天王川流域を中心とした自然再生の取組~
トキが水辺で採餌する様子 提供:環境省
トキが水辺で採餌する様子 提供:環境省

2008年の放鳥から10年が経ち、野生下のトキは順調に増え、佐渡島民が日ごろ見ることができる身近な存在になりました。当協議会はビオトープの整備などトキの野生復帰を下支えする取り組みが、持続可能な地域づくりへと広がることを願って、2017年8月に設立しました。将来、トキが全国各地で見られるようになった時、私達の取り組みが参考とされることを目指し活動しています。

■活動地:新潟県
■助成額:460万円