公益信託 サントリー世界愛鳥基金
文字サイズ変更
検索
助成プロジェクト
TOP > 助成プロジェクト:2021年度助成プロジェクト
2021年度助成プロジェクト
「鳥類保護団体への活動助成」部門(13件、2,000万円)
団体名 対象活動 助成額
(公財)
日本鳥類保護連盟
奄美大島に生息する希少鳥類の調査・保護活動 300万円
(公社)
日本動物園水族館協会
ライチョウの野生復帰させうる個体の創出に向けた技術開発 290万円
日本雁を保護する会 東アジアのハクガン復元の取り組み、その成果と周知のために 270万円
コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル
(IPPM-OWS)
東アジア地域におけるコウノトリ保全ネットワーク形成事業 250万円
(公財)
山階鳥類研究所
絶滅に瀕する小型鳥類における保全のための遺伝解析 200万円
クマタカ生態研究
グループ
クマタカ保護に有効な森林管理方法(とくに人工林)の確立 160万円
NPO法人
どうぶつたちの病院
沖縄
減らせ!ヤンバルクイナロードキル 150万円
水鳥研究会 コアジサシの採餌場所・休憩場所に関する実態調査 100万円
NPO法人
タンチョウ保護研究
グループ
酪農地帯に生息するタンチョウの給餌場・牧場への依存を減らすための調査研究 100万円
NPO法人
バードリサーチ
バードウォッチング記録を蓄積・活用するインターネットデータベースの改良・普及とデータ分析 50万円
秋田猛禽類調査
グループ
イヌワシを主とした希少猛禽類の生息・分布調査 50万円
認定NPO法人
西中国山地自然史研究会
八幡高原の渡り鳥の調査と保全および啓発活動 40万円
(一財)
環境文化創造研究所
大陸におけるコウノトリの繁殖地・越冬地・中継地の情報収集 40万円
(公財)日本鳥類保護連盟
奄美大島に生息する希少鳥類の調査・保護活動
調査対象のアマミヤマシギ
調査対象のアマミヤマシギ

当団体は鳥類を始めとした野生生物の自然保護及び普及啓発活動を行っています。2021年度は奄美大島の希少鳥類であるアマミヤマシギとオーストンオオアカゲラの保全活動を奄美野鳥の会と協同で実施します。アマミヤマシギは奄美大島と沖縄本島でGPSを装着し渡りに関する調査を実施、オーストンオオアカゲラは個体数調査とGPSによる行動圏調査、巣箱の検討を行います。

■活動地:鹿児島県、奄美大島
■助成額:300万円

(公社)日本動物園水族館協会
ライチョウの野生復帰させうる個体の創出に向けた技術開発
ライチョウの健康状態をチェックする飼育担当者(富山市ファミリーパーク提供)
ライチョウの健康状態をチェックする飼育担当者(富山市ファミリーパーク提供)

(公社)日本動物園水族館協会では、2015年から環境省と連携しながらライチョウの生息域外保全に取り組んでいます。現在は、野生復帰技術の確立に向けて、ライチョウが自然界で生きていくために必要な能力を飼育下で取得することを目指し、母鳥の抱卵育雛による繁殖で発現する学習行動の解析と適正環境の検討ならびに腸内細菌の獲得と飼料開発に取り組んでいます。

■活動地:東京都、神奈川県、栃木県、長野県、富山県、石川県
■助成額:290万円

日本雁を保護する会
東アジアのハクガン復元の取り組み、その成果と周知のために
1,000羽以上に復元されたハクガンの群れ(2020年11月、秋田県大潟村)
1,000羽以上に復元されたハクガンの群れ(2020年11月、秋田県大潟村)

日本から消滅したハクガンの群れを復元する取り組みを、1993年から日ロ米の国際協力で実施し、日本での越冬数は2019/20年冬期には1,600羽に達しました。
2021年度は、国内生息地での継続調査、国外生息地の情報交換と収集、啓発普及のシンポジウムの開催、2020年度に整理した資料を中心に、復元したアジアのハクガンの歴史をまとめ、出版を行う予定です。

■活動地:北海道、東北、関東、北東ロシア、韓国、中国
■助成額:270万円

コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS)
東アジア地域におけるコウノトリ保全ネットワーク形成事業
高所作業車でのコウノトリのヒナ捕獲(足環装着)
高所作業車でのコウノトリのヒナ捕獲(足環装着)

IPPM-OWSは、2021年度も引き続き、アジア地域におけるコウノトリ保全ネットワークの形成及びその基盤となる国内メタ個体群の形成を目的として、繁殖地自治体における複数ペア繁殖に向けた環境整備、新規造巣自治体における繁殖成功に向けた体制作り等について支援するとともに、飼育・繁殖・放鳥計画の立案、国際的な情報発信などを行っていきます。

■活動地:全国
■助成額:250万円

(公財)山階鳥類研究所
絶滅に瀕する小型鳥類における保全のための遺伝解析
捕獲されたアカコッコ(伊豆諸島三宅島)
捕獲されたアカコッコ(伊豆諸島三宅島)

山階鳥類研究所は、鳥類の調査・研究、保全を行う民間の公益団体です。本活動は、絶滅に瀕する鳥類(オガサワラカワラヒワ、イイジマムシクイ、アカコッコ、オオムシクイ、沖縄本島のオシドリ等)の種内の遺伝的構造を解析することにより、今後の保全活動に役立てる基礎データを収集することを目的として行います。上記計画の一部は2020年度から継続して行われています。

■活動地:北海道、東京都、沖縄本島他
■助成額:200万円

クマタカ生態研究グループ
クマタカ保護に有効な森林管理方法(とくに人工林)の確立
スギに架けられたクマタカの巣
スギに架けられたクマタカの巣

クマタカの生態を科学的に明らかにし、繁殖ペアが安定的に生息・繁殖できる環境を保全することを目的にしています。2021年度は人工林に営巣するクマタカのコアエリア内の植生分布解析及びGIS化を行い、2020年度の獲物動物が生息するハビタット結果を基に、コアエリア内のハンティング場所の量と質を向上させるために必要な人工林の森林管理方法を取りまとめます。

■活動地:鈴鹿山脈
■助成額:160万円

NPO法人 どうぶつたちの病院沖縄
減らせ!ヤンバルクイナロードキル
車検知センサーの試験
車検知センサーの試験

沖縄本島北部のみに生息する「ヤンバルクイナ」の最も多い救護及び死亡原因は交通事故です。これまでに実施されてきた対策を踏まえて、2019年度から交通事故の発生を未然に防ぐ新たな解決方法の開発にチャレンジしています。2021年度はクイナ・カーアラート(車両接近警報装置)の製作を目指し、試作装置の試験運用や、ヘッドライト昼間点灯の効果検証に努めます。

■活動地:沖縄県
■助成額:150万円

水鳥研究会
コアジサシの採餌場所・休憩場所に関する実態調査
コアジサシの休息場所
コアジサシの休息場所

コアジサシは雌雄交代で抱卵し、抱卵していない親鳥が営巣場所を離れて採餌・休息をしていますが、その状況は断片的にしか把握できていません。そこで、GPSを使って繁殖期間中の移動を調査し、営巣場所と休息場所・採餌場所の位置的関係や、滞在時間等を明らかにします。営巣場所以外での行動の把握により、点ではなく面でのコアジサシの保全の基礎資料とします。

■活動地:千葉県、沖縄県、東京都
■助成額:100万円

NPO法人 タンチョウ保護研究グループ
酪農地帯に生息するタンチョウの給餌場・牧場への依存を減らすための調査研究
北海道中部で初めて標識を付け、満3才でヒナを育てたオス(先頭)の家族
北海道中部で初めて標識を付け、満3才でヒナを育てたオス(先頭)の家族

小型機を使った飛行調査を軸に地上からの観察や、タンチョウに足輪や発信器を付け、その後の追跡調査を行うことで、季節ごとの給餌場、酪農場、自然採餌場それぞれへの依存度を調査しています。
さらに自然採餌場の環境調査を行うことで、酪農場への依存度を低減するための自然再生などの施策を模索していきます。

■活動地:北海道
■助成額:100万円

NPO法人 バードリサーチ
バードウォッチング記録を蓄積・活用するインターネットデータベースの改良・普及とデータ分析
登録されたバードウォッチング地点(左)とインターネット・バードソン順位(右)
登録されたバードウォッチング地点(左)とインターネット・バードソン順位(右)

バードウォッチングの記録をデータベース化し、研究や保護に利用できるような仕組みを作ります。インターネットで無償提供しているデータベース「フィールドノート」をさらに使いやすく改良することや、「フィールドノート」を利用したインターネット・バードソン(野鳥記録をデータベースに登録し2週間の記録種数を競うイベント)を開催することにより、大勢の方に野鳥記録のデータベース化を呼びかけます。

■活動地:日本全国
■助成額:50万円

秋田猛禽類調査グループ
イヌワシを主とした希少猛禽類の生息・分布調査
ある調査地の風景
ある調査地の風景

秋田猛禽類調査グループは、秋田県内に於ける猛禽類の生息、分布及び繁殖等に関する情報を収集し、生息環境の保護・保全に資することを目的として設立しました。2021年度は、イヌワシを中心とした現地調査を行い、関係行政機関や各地の調査グループ等と連携しながら、棲息情報の収集・蓄積及び共有を図り、秋田県内のイヌワシの保護・保全活動に貢献していきます。

■活動地:秋田県
■助成額:50万円

認定NPO法人 西中国山地自然史研究会
八幡高原の渡り鳥の調査と保全および啓発活動
ブッポウソウの観察会・保全活動
ブッポウソウの観察会・保全活動

西中国山地国定公園に位置する八幡高原は、シラガホオジロ、ミヤマホオジロ、ブッポウソウなど貴重な渡り鳥の生息地、休息地となっています。これらの鳥の生態について、調査・研究・保全を継続し、健全な生態系を維持し、地域の人々の暮らしに寄り添いながら普及・啓発する「自然観察会」を開催し、八幡高原の貴重な渡り鳥を身近に感じてもらうことを目的とします。

■活動地:広島県
■助成額:40万円

(一財)環境文化創造研究所
大陸におけるコウノトリの繁殖地・越冬地・中継地の情報収集
春の繁殖期前に人工巣塔を設置(三江平原)
春の繁殖期前に人工巣塔を設置(三江平原)

コウノトリやトキなどの危惧種を保全し独自の調査を行っている当財団は、2019年度から大陸におけるコウノトリの繁殖地、越冬地、中継地の情報を収集するため現地調査を行い、2021年度もこの活動を継続します。コロナ禍で実施できない事柄も想定されますが、構築した調査研究の協力体制を活かし現地の協力を得ながら情報を収集し、精度の高い情報をまとめていきます。

■活動地:中国(東北、華北、および長江流域)
■助成額:40万円

「地域愛鳥活動助成」部門(11件、164.6万円)
申請グループ名 所在地
(主活動エリア)
「テーマ」又は「活動概要」及び「活動目的」 助成額
ネイチャー研究会
inむかわ
北海道 むかわのタンチョウを守るために 20万円
中埣(ナカゾネ)小学校
野鳥観察クラブ
宮城県 地域の野鳥観察活動 19.8万円
石巻市立桃生小学校
野鳥の会
宮城県 地域愛鳥学習 19.8万円
里山ビジターセンター内
「秋葉里山ガイドの会」
新潟県 小学校の出前授業(課外活動)や市民向けガイド活動を通し野鳥観察及び保護の啓発 8万円
栃木市立赤津小学校
児童会 愛鳥活動
栃木県 赤津地区の野鳥の経年観察から地域環境を考える 15万円
福生市立福生第五小学校
愛鳥委員会
東京都 自然を大切にする愛情豊かな児童を育てる愛鳥活動 10万円
宮ケ瀬湖
鳥類調査グループ
神奈川県 宮ケ瀬湖における水鳥保全のための調査と普及啓発用ステッカーの作成 20万円
山梨市立笛川小学校
自然観察クラブ
山梨県 野鳥観察 20万円
日本野鳥の会三重 三重県 伊勢湾西海岸に生息、繁殖する水鳥の調査および保護 12万円
野鳥にやさしい
馬見丘陵公園をめざす会
奈良県 野鳥にやさしい公園づくり 15万円
神戸市立舞多聞小学校
PTA
兵庫県 野鳥が集まる花壇づくりを通した命の学習 5万円
ネイチャー研究会inむかわ
むかわのタンチョウを守るために
いつもの田んぼで、少し大きくなったヒナ(真中)と家族
いつもの田んぼで、少し大きくなったヒナ(真中)と家族

2011年に道東から飛来したつがいのタンチョウは、北海道勇払郡むかわ町を中心に繁殖・定着し、2020年までに6羽のヒナを育てました。「ネイチャー研究会inむかわ」は「むかわタンチョウ見守り隊」を結成し、道央圏の水田地帯に進出して厳しい環境下に生きるタンチョウのため、保護活動を展開しています。

■活動地:北海道
■助成額:20万円

中埣(ナカゾネ)小学校 野鳥観察クラブ
地域の野鳥観察活動
見つけた野鳥を確かめる子供たち
見つけた野鳥を確かめる子供たち

2020年度は野鳥の餌木としてナンテンの木を植樹し、地域で見られる野鳥の種類や生態について調べるコーナーを設けました。周囲を水田に囲まれている本校の校庭や裏庭には、季節ごとに様々な野鳥が訪れています。身近に見られる野鳥の種類や生態に関心をもつ子供たちの姿が見られました。助成を受け、今後は日常的に野鳥の観察活動ができる環境を整備していきます。

■活動地:宮城県
■助成額:19.8万円

石巻市立桃生小学校 野鳥の会
地域愛鳥学習
巣箱づくり
巣箱づくり

石巻市桃生小学校がある桃生地区は、里山や田が広がる自然豊かな所で、夏鳥や冬鳥を見ることができます。石巻市立桃生小学校野鳥の会は、2021年度にサントリー世界愛鳥基金の助成を受けて、石巻市桃生地区にやって来る夏鳥や冬鳥の双眼鏡での観察や、巣箱を作成したり、野鳥の餌木の植栽などを実施して、野鳥の住みやすい環境づくりを行う予定です。

■活動地:宮城県
■助成額:19.8万円

里山ビジターセンター内「秋葉里山ガイドの会」
小学校の出前授業(課外活動)や市民向けガイド活動を通し野鳥観察及び保護の啓発
地元小学校での出前授業
地元小学校での出前授業

当会は新潟市秋葉丘陵麓の里山ビジターセンター内に事務局を置く任意団体です。活動目的は丘陵の自然や動植物、石油などの産業遺産をガイドすることで、地域資源の多様性を伝え、価値を見出してもらうことです。基金を用いてハンデイ図鑑・ビデオ・解説資料等を揃え、より内容のある野鳥や自然保護の為のガイド・観察・啓発活動に活用したいと計画しています。

■活動地:新潟県
■助成額:8万円

栃木市立赤津小学校 児童会 愛鳥活動
赤津地区の野鳥の経年観察から地域環境を考える
講師の先生をお招きした毎年定例の野鳥観察会
講師の先生をお招きした毎年定例の野鳥観察会

関東平野北西縁に位置する赤津小学校は、豊かな自然環境が特色です。平成6年度から3か年間の愛鳥モデル校としての取り組みは、現在にまで引き継がれ、学校周辺の多種にわたる野鳥の観察を行っています。これからも、野鳥の生態観察を通して、過去の観察記録と比較し、地域の環境保全について考えながら、自然への興味関心を高め、生命尊重の心を育んでいきます。

■活動地:栃木県
■助成額:15万円

福生市立福生第五小学校 愛鳥委員会
自然を大切にする愛情豊かな児童を育てる愛鳥活動
愛鳥下敷きを手に観察をする小学四年生
愛鳥下敷きを手に観察をする小学四年生

昭和47年に東京都より愛鳥モデル校の指定を受け、NPO法人自然環境アカデミーの支援をうけながら年間を通して活動しています。
2021年は年2回の(春・冬)の観察会と河原の清掃活動、多摩川の環境理解を深めるための自然観察会(秋)を予定しています。また、学期に1度の愛鳥博士認定テスト実施や、高学年児童による巣箱作成、営巣状況の調査等を行います。

■活動地:東京都
■助成額:10万円

宮ケ瀬湖 鳥類調査グループ
宮ケ瀬湖における水鳥保全のための調査と普及啓発用ステッカーの作成
船舶での水鳥調査
船舶での水鳥調査

ダム建設によって造られた巨大な水辺環境において水鳥の利用がどう変化していくかは、鳥類の保全を考えるうえで重要な情報となると考えています。管理事務所が所有する船舶を使用して年3回程度の水鳥調査を湛水時から継続し、必要に応じて管理事務所に保全のための提言を行っています。2021年度も新しい調査機器を用いて調査を継続し、普及啓発用のステッカーを作成、配布します。

■活動地:神奈川県
■助成額:20万円

山梨市立笛川小学校 自然観察クラブ
野鳥観察
学校周辺の自然観察
学校周辺の自然観察

本校は、甲武信ユネスコパーク内、緑に囲まれた自然豊かな土地に位置し、メジロ、シジュウカラ、アオゲラ、フクロウ、チョウゲンボウ、イワツバメ、ジョウビタキなどの野鳥が生息しています。学校周辺の野鳥観察を通し、子ども達が自然の豊かさ、生命の素晴らしさを体験的に学び、野鳥が安心して住める環境を守ることで、自分たちの地域への愛着を深めていきます。

■活動地:山梨県
■助成額:20万円

日本野鳥の会三重
伊勢湾西海岸に生息、繁殖する水鳥の調査および保護
伊勢湾西岸のミヤコドリ
伊勢湾西岸のミヤコドリ

日本野鳥の会三重は、会員約300名の小規模な団体で、年間約50回の探鳥会を開き会報を年4回発行しています。各種調査活動も行い、独自のミヤコドリカウントでは、伊勢湾西岸ほぼ全域を同時にカウントし、100羽以上の記録で近年増加傾向にあります。伊勢湾西岸は、シギチドリ類が多く飛来し、関西方面からのバードウォッチャーが多い。

■活動地:三重県
■助成額:12万円

野鳥にやさしい馬見丘陵公園をめざす会
野鳥にやさしい公園づくり
月例探鳥会(2020年1月)
月例探鳥会(2020年1月)

当公園では既存の林や草地を改造して、イベント中心の花壇づくりが進行中です。残された自然を野鳥が生息しやすい環境に保つために、公園事務所と協力しながら努力しています。2021年度は「野鳥展」を開催し、公園で見られる野鳥160種を解説付写真で紹介したり、野鳥観察入門小冊子の作成配布等により来園者の理解を深め、野鳥にやさしい公園づくりの力に変えていきたいと思います。

■活動地:奈良県
■助成額:15万円

神戸市立舞多聞小学校PTA
野鳥が集まる花壇づくりを通した命の学習
秋のビオトープ
秋のビオトープ

山を切り拓いた舞多聞の町(神戸市)には、幹線道路をはさんで家が建ち並んでいますが、様々な野鳥をはじめ多くの生き物たちも暮らしています。創立6年目で児童数1,500名に迫る舞多聞小学校の児童が、自分たちでつくった花壇やビオトープに集まる野鳥たちから命のすばらしさを学び、「生き物が暮らしやすいまちづくり」という視点をもつきっかけになるよう活動していきます。

■活動地:兵庫県
■助成額:5万円

「水辺の大型鳥類保護」部門(2件、2,000万円)
団体名 所在地
(主活動エリア)
活動テーマ 助成額
トキの水辺づくり協議会 新潟県 トキと人の共生を目指した水辺づくり~天王川流域を中心とした自然再生の取組~ 1,000万円
(公財)日本生態系協会 栃木県
茨城県
徳島県
コウノトリ定着・広域ネットワーク推進プロジェクト 1,000万円
トキの水辺づくり協議会
トキと人の共生を目指した水辺づくり~天王川流域を中心とした自然再生の取組~
協議会員による一斉草刈り
協議会員による一斉草刈り

当協議会では、ビオトープや里山の整備、トキの放鳥場所での一斉草刈りなど、トキの野生復帰を下支えする活動や、既存ガイド団体と連携したガイドツアーの実施など、持続的に地域の活動ができる仕組みづくりに取り組んでいます。
この取組が自然再生を通じた地域活性化のモデルケースとなり、将来トキが全国各地で見られるようになった時、参考とされることを目指して活動しています。

■活動地:新潟県
■助成額:1,000万円

(公財)日本生態系協会
コウノトリ定着・広域ネットワーク推進プロジェクト
耕作放棄地のビオトープ化(鳴門市)
耕作放棄地のビオトープ化(鳴門市)

国内3地域(栃木県小山市ほか周辺5市町、茨城県神栖市、徳島県鳴門市)におけるコウノトリの繁殖環境を確保すると共に、新たな繁殖拠点の創出促進に向けた採餌環境整備や人工巣塔の設置等を進め、関東及び四国圏域の地域個体群形成を図ります。高性能ライブカメラを設置し、3地域間の映像を通じた広域交流促進や見守りネットワーク化等を行い、コウノトリの生息を支える社会的環境の醸成を目指します。

■活動地:栃木県、茨城県、徳島県
■助成額:1,000万円