公益信託 サントリー世界愛鳥基金
文字サイズ変更
検索
TOP > バードウォッチングをはじめよう 2022年度助成 3部門の助成先紹介
4月 2022年度助成 3部門の助成先紹介 活動助成金贈呈式@オンラインよりご報告

2022年度,公益信託サントリー世界愛鳥基金は4,240万円の助成を行いました。

 鳥を守る取り組みには,環境を整備したり,ケガをした鳥を保護したり,繁殖地を保全するといった,さまざまな種類があります。そのすべてに共通するのは,成果が出るまでに時間がかかること,そして多くの人の協力が必要なことです。活動を計画し,実行し,結果を報告する——この流れを続けていくことこそが鳥の保全では最も大切なことであり,今日もさまざまな団体が日夜,鳥と向き合っています。サントリー世界愛鳥基金は今年で33年目,今年度からは,海外の活動団体が行う鳥類保護活動についても,支援の輪をいっそう広げるために,日本国内の活動団体を通じての申請を条件に助成を開始いたしました。これからもさまざまな団体の野鳥保護・調査活動を助成していきます。

助成金贈呈式

 2022年度の活動助成金贈呈式は,新型コロナウイルス感染症リスク回避のため,4月11日にオンラインにて開催いたしました。

 贈呈式は,運営委員のご紹介の後,サントリーホールディングス株式会社 常務執行役員・サステナビリティ経営推進本部長の小野真紀子氏,環境省自然環境局野生生物課長の則久雅司氏,運営委員長の塚本瑞天氏のご挨拶よりはじまり,各助成団体の発表が続きました。

 

小野 真紀子氏
小野 真紀子氏

 本日は2022年度サントリー世界愛鳥基金の贈呈式にお集まりいただき誠にありがとうございます。今年度助成をお受けになる団体の皆様に心よりお祝いを申し上げます。昨年に引き続き,感染症対策としてオンラインでの贈呈式となりましたが,今年から始まった「グローバル募集スキーム」により助成が決まったフィリピン,ブータン王国の3団体の皆様ともオンラインで繋がり,ご参加頂いている事を大変嬉しく思っております。愛鳥活動が国内外に広がり,仲間が増えていく事は弊社としても心強いかぎりです。この愛鳥基金を通して,より健全な自然を守り育てるためのお手伝いが出来る事を委託者として有難く思っております。

 

則久 雅司氏
則久 雅司氏

 サントリー世界愛鳥基金及び活動助成を受けられる団体の皆様には,日頃より自然環境行政の推進にあたり,多大なるご尽力をいただき心より感謝いたします。野鳥は,我が国の生物多様性の保全と持続可能な利用を進めていくにあたり,重要な役割を担う存在です。新たな生物多様性国家戦略の策定に向けての作業を進めている中での,テーマの一つは生物多様性の主流化です。広く国民生活や社会経済活動の中に浸透させて主流化させるには,身近に捉えることが重要で,野鳥はその一つの入り口になると考えています。各団体の活動を通じ,国内外における生物多様性の主流化につながっていくことを期待しています。30年以上にわたり,愛鳥活動を支えてきたサントリーホールディングス(株)の取組に心より敬意を表します。

 

塚本 瑞天氏
塚本 瑞天氏

 2022年度助成金給付対象となった皆さまに心よりお祝いを申し上げます。今年度からは,新たな試みとして,海外の活動団体が行う鳥類保護活動についても,支援の輪を一層広げるために,「グローバル募集スキーム」を導入しました。運営委員会での熱心な議論を経て,今年度は合計21件,4,240万円の助成を行うこととしました。私どもの支援が少しでもお役に立てば幸いです。「サントリー世界愛鳥基金」は,日本と世界の自然環境保護のため鳥類保護活動の支援を通じて,皆さまとしっかり協働してまいりますので,引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

 

「鳥類保護団体への活動助成」部門 13団体

2022年度 助成プロジェクト一覧は こちら

公益財団法人 日本鳥類保護連盟:奄美大島に生息する希少鳥類の調査・保護活動(オーストンオオアカゲラ,アマミヤマシギ 鹿児島県奄美大島,沖縄本島)
Royal Society for Protection of Nature(ブータン王立自然保護協会): 絶滅危惧鳥シロハラサギの生 息域外保全策の確立(シロハラサギ ブータン王国チャンチー)
一般社団法人 Islands care:オガサワラカワラヒワの絶滅回避のための保全プロジェクト(オガサワラカワラヒワ 小笠原諸島母島列島)
コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS):東アジア地域におけるコウノトリ保全ネットワーク形成事業(コウノトリ 全国)
NPO法人 三浦半島生物多様性保全:おもてなし復田でサシバを呼ぼう!三浦半島におけるサシバの繁殖再開を目的とした谷戸田保全活動(通称:サシバプロジェクト)(サシバ 神奈川県)
日本雁を保護する会:東アジアのハクガン復元の取り組み、その成果と周知のために(ハクガン 北海道,東北,関東,北東ロシア)
公益財団法人 富山市ファミリーパーク公社:ヨウムの野生復帰を想定した繁殖技術の確立(ヨウム 富山県)
公益社団法人 日本動物園水族館協会:ライチョウの野生復帰させうる個体の創出に向けた技術開発(ライチョウ 関東地方,中部地方)
Isla Biodiversity Conservation, Inc.(島嶼生物多様性保全協会):カラヤンクイナの保護のための市民科学と教育(カラヤンクイナ フィリピンカラヤン島)
Philippine Eagle Foundation(フィリピンワシ保護財団):フィリピンミンダナオ島におけるフィリピンワシの感電防止対策と生物多様性に富む原生林の保全再生(フィリピンワシ フィリピン南部のミンダナオ島)
公益財団法人 山階鳥類研究所:絶滅に瀕する小型鳥類における保全のための遺伝解析(絶滅に瀕する小型鳥類 北海道,東京都,沖縄本島他)
水鳥研究会:コアジサシの水上営巣地の造成と越冬地の解明(コアジサシ 東京,千葉,茨城,沖縄)
認定NPO法人 西中国山地自然史研究会:八幡高原の渡り鳥の調査と保全および啓発活動(ブッポウソウ,アカショウビン 広島県八幡高原エリア)



(公財)日本鳥類保護連盟 【オーストンオオアカゲラ,アマミヤマシギ/鹿児島県奄美大島】
発表者:専務理事 名執 芳博氏
奄美大島に生息する希少鳥類の調査・保護活動
詳しくはこちら


Royal Society for Protection of Nature(ブータン王立自然保護協会)【シロハラサギ/ブータン王国チャンチー】
発表者:Indra Acharja氏
絶滅危惧鳥シロハラサギの生息域外保全策の確立
詳しくはこちら


(一社) Islands care【オガサワラカワラヒワ/小笠原諸島母島列島】
発表者:代表理事 川口 大朗氏
オガサワラカワラヒワの絶滅回避のための保全プロジェクト
詳しくはこちら


コウノトリの個体群管理に関する機関・施設間パネル(IPPM-OWS) 【コウノトリ/全国】
発表者:代表 高見 一利氏
東アジア地域におけるコウノトリ保全ネットワーク形成事業
詳しくはこちら


NPO法人 三浦半島生物多様性保全 【サシバ/神奈川県】
発表者:理事長 天白 牧夫氏
おもてなし復田でサシバを呼ぼう!三浦半島におけるサシバの繁殖再開を目的とした谷戸田保全活動(通称:サシバプロジェクト)
詳しくはこちら


日本雁を保護する会 【ハクガン/北海道・東北・関東・北東ロシア】
発表者:会長 呉地 正行氏
東アジアのハクガン復元の取り組み,その成果と周知のために
詳しくはこちら


(公財) 富山市ファミリーパーク公社【ヨウム/富山県】
発表者:園長 村井 仁志氏
ヨウムの野生復帰を想定した繁殖技術の確立
詳しくはこちら


(公社) 日本動物園水族館協会【ライチョウ/関東地方,中部地方】
発表者:秋葉 由紀氏
ライチョウの野生復帰させうる個体の創出に向けた技術開発
詳しくはこちら


Isla Biodiversity Conservation, Inc.(島嶼生物多様性保全協会)【カラヤンクイナ/フィリピンカラヤン島】
発表者:Cynthia Adeline Layusa氏
カラヤンクイナの保護のための市民科学と教育
詳しくはこちら


Philippine Eagle Foundation(フィリピンワシ保護財団)【フィリピンワシ/フィリピン南部のミンダナオ島】
発表者:Jayson Ibanez氏
フィリピンミンダナオ島におけるフィリピンワシの感電防止対策と生物多様性に富む原生林の保全再生
詳しくはこちら


(公財)山階鳥類研究所 【絶滅に瀕する小型鳥類/北海道,東京都,沖縄県他】
発表者:研究員 齋藤 武馬氏
絶滅に瀕する小型鳥類における保全のための遺伝解析
詳しくはこちら


水鳥研究会 【コアジサシ/東京,千葉,茨城,沖縄】
発表者:代表 早川 雅晴氏
コアジサシの水上営巣地の造成と越冬地の解明
詳しくはこちら


認定NPO法人 西中国山地自然史研究会 【ブッポウソウアカショウビン/広島県八幡高原エリア】
発表者:副理事長 上野 吉雄氏
八幡高原の渡り鳥の調査と保全および啓発活動
詳しくはこちら


「水辺の大型鳥類保護」部門 2団体

2022年度 助成プロジェクト一覧は こちら



トキの水辺づくり協議会 【トキ/新潟県佐渡市】
発表者:会長 板垣 徹氏
トキと人の共生を目指した水辺づくり ~天王川流域を中心とした自然再生の取組~
詳しくはこちら


(公財)日本生態系協会 【コウノトリ/関東3地区,鳴門市,斐伊川流域】
発表者:専務理事 関 健志氏

コウノトリ定着・広域ネットワーク推進プロジェクト 
詳しくはこちら


上記の他にも例年通り,「地域愛鳥活動助成」部門への助成6件が行われました。

2022年度 助成プロジェクト一覧は こちら


・ NPO法人 野生動物救護の会/猫により傷つく野鳥を減らすための普及啓発活動用絵本を作成し配布(野鳥  神奈川県)
・ ブッポウソウの里の会/長野県の天然記念物として指定されているブッポウソウの保護活動と環境教育(ブッポウソウ 長野県)
・ NPO法人 日本中国朱鷺保護協会/能登のトキ野生復帰に向けての普及啓発活動(トキ 石川県)
・ 出水市立鶴荘学園ツルクラブ/ツルの羽数調査及びツルの家族構成分散状況調査(ツル 鹿児島県)
・ 鹿児島県出水市立高尾野中学校ツルクラブ/出水に飛来する鶴の羽数調査(ツル 鹿児島県出水市東干拓エリア)
・ 出水市立蕨島小学校エコクラブ/湿地帯とその周辺におけるツル・その他の野鳥観察及び生態調査(ツル 鹿児島県)

*2023年度の助成団体の募集は2022年9月に開始する予定です